再石灰化ってどういうこと?初期虫歯を治療するために知っておきたいこと

一旦虫歯になってしまうと、歯科医院で治療を受けなければ治らない、と考えている人がほとんどでしょう。

しかし、虫歯になったばかりの『初期虫歯』だけは歯科医院に行かずに自分で対処することが可能です。

そのためには、歯の『再石灰化』について知っておかなくてはいけません。

歯の再石灰化とは

歯が溶ける原因は虫歯菌であるミュータンス菌が糖を食べて排出する酸が原因です。

この酸によって歯の表面のエナメル質を溶かします。
この現象を脱灰と言います。

脱灰が進むと歯の表面に穴が開いてしまい、そこからさらに虫歯の症状が進行してしまうことになるのです。

再石灰化とは、唾液に含まれるカルシウムやリンが脱灰している歯に作用し、再びエナメル質を形成し、強化することを言います。

つまり、歯の再石灰化が行われると、歯はより虫歯に強くなるということになります。

この再石灰化を促すためには唾液が必要になりますので、毎回の食事をよく噛んで食べることが求められます。

その他には、虫歯予防に効果的な成分であるキシリトールを含むガムを食後に噛むことも歯の再石灰化と虫歯予防にはとても有効な手段となります。

では、次に虫歯の進行具体について知っておきましょう。

虫歯の進行具合

虫歯の進行具合は『C○○』というように表現されます。

一度でも歯科医の診察を受けたことのある人は、歯科医が歯の状態を見ながら「C0、C1、C2」などと言っているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

C0

C0というのが、自分で再石灰化によって虫歯に対処できる唯一の段階である『初期虫歯』です。

歯の表面を覆っている透明なエナメル質が少しずつ酸によって溶かされると透明さが失われてきます。

歯に輝きがなくなってきたな、と思ったら初期虫歯を疑っていいでしょう。

この段階で歯が痛くなったりすることはないので見逃されてしまいがちになってしまうのが惜しいところです。

もし自分で歯に透明感がなくなってきたな、と感じたら歯磨きの方法を見直してみたり、キシリトールガムを噛むようにしたり、噛む回数を増やすなど、歯の再石灰化を促すような行動をとってください。

C1からC4

C0が進行するとC1になります。
C1では、虫歯の進行が目で見てはっきりわかるようになります。

歯の表面にわずかではありますが、穴が開くからです。歯に穴が開いてしまっては自分で対処することは出来ません。

これ以上進行する前に歯科医へいって治療しましょう。

C2の段階では、冷たいものに対して歯が痛むようになります。

ここから症状がさらに進むと、痛み止めの薬も効果がないほどの痛みを感じることも出てきます。

さらにC3やC4ともなると、抜歯しなければ対処できなくなってしまう可能性が非常に高くなります。

永久歯を抜くということは、すなわち部分入れ歯や差し歯を入れることになるのです。

見た目を気にしない人は入れないかもしれませんが、一見してわかる位置の歯を抜くことになった場合、ほとんどの人が部分入れ歯や差し歯を入れる選択をするでしょう。

これはなかなか不便なものです。

毎日の食事の際に、いちいち部分入れ歯や差し歯のことを考えながらメニューを決めなくてはいけなくなりますし、残った歯を守るためにより綿密な歯磨きをしなくてはいけません。

加えて差し歯や部分入れ歯のケアも必要になります。

こんな手間をかけるよりも、初期虫歯の段階や抜歯しなければいけなくなるほど虫歯の症状が進行する前に、歯科医院で治療を受ける方がよほど手間や労力がかからないことですよね。

もし、現状で自分の歯に何か気になることがある場合は、とりあえず歯科医院を受診することをおすすめします。