デンタルフロスの必要性と使い方を知って虫歯予防を徹底しよう

虫歯の原因となる歯垢は歯と歯の間、歯間によく溜まると言われています。

さらに歯垢は一般的な歯ブラシを使った歯磨きではブラシの先が歯間に入らず、除去できないとも言われます。

そこで登場するのが歯間を掃除するためのアイテム、デンタルフロスです。

デンタルフロスとは

一部では持ち手部分がついた製品として別名で販売されているので、一度はドラッグストアの店頭などで見かけたことがあるという人もいると思います。

では、歯ブラシだけの歯磨きと、歯ブラシとデンタルフロスを使った歯磨きでは、歯垢除去の状況はどのように違うのでしょうか。

主に口腔ケア製品を生産・販売している大手メーカーのホームページによると、歯ブラシだけでは歯間の歯垢を6割程度しか除去できなかったのに対し、デンタルフロスと歯ブラシを併用した場合は、8割にまで除去率が上がったとの研究結果が出ています。

それでもわずかに歯垢は残っていると感じられるかもしれませんが、これは被験者の歯並びや歯垢の量が異なるための誤差の範囲と言えるのかもしれません。

完全に同一な歯垢の量と歯並びの被験者を揃えるのは事実上不可能なことですからね。

とにかく、歯ブラシとデンタルフロスを併用することで、歯垢の除去率は大幅にアップすることが分かります。

推奨されているデンタルフロスの頻度は1日に1回ですが、より除去率をあげたい、という場合は、歯磨きのたびにデンタルフロスを使用するといいのではないでしょうか。

そうすると、上述した統計結果以上の除去率が期待できるかもしれません。

歯並びによってデンタルフロスが合う人と合わない人

歯間が視認出来るほど開いている人は、デンタルフロスよりも歯間ブラシの方が歯垢の除去率が上がると言われています。

デンタルフロスが向いている人は、歯間に隙間は見えないものの、デンタルフロスを挿入出来るくらいの隙間はある、という人です。

中にはデンタルフロスを挿入できないほど歯間が詰まっている人がいますので、そういった人は定期的に歯科医院でのクリーニングをすることをおすすめします。

デンタルフロスが入るか入らないかは、製品を買って自分の歯で試してみるか、歯科医院に行ってクリーニングをお願いするしかありません。

コスト面と手軽さからいうと、自分でデンタルフロスを購入して試す方法が時間もかからずに済ませることができます。

この時、スムーズに歯間にデンタルフロスを挿入させることが出来れば、問題なく使用できると言えます。

歯間が狭くてデンタルフロスを挿入することが出来なかった、無理やりやったら挿入できたけれども歯茎や歯肉から出血したという場合は、使用を中止しましょう。

そのまま使用すると歯肉や歯茎、歯そのものを痛める可能性があります。

デンタルフロスを初めて使用する人には、デンタルフロスだけの製品よりも、持ち手がついているタイプの方が簡単でおすすめです。

慣れてきたらデンタルフロスだけの製品に移行してもいいでしょう。

上手に歯垢を除去するためには、歯間にデンタルフロスを挿入したら、歯の根元から歯に添わせるようにしながら前後にデンタルフロスを動かしながら歯の上に持っていきます。

一旦歯間から抜いたら除去した歯垢を水道水などで洗い流し、反対側の側面で同様の動作を繰り返します。
すべての歯間を万遍なく掃除することが大切です。

デンタルフロスの操作法に慣れるまでは少々時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば歯磨きと同様にスムーズにこなせるようになります。

デンタルフロスを使用する際に多く発生するトラブルとして、歯肉や歯茎からの出血があります。

もし、デンタルフロスを使った際に出血した場合は一度だけで使用を止めないことが大切です。

それは、出血の原因が除去しきれずに残っていた歯垢によって歯肉や歯茎が炎症を起こしていることにあるかもしれないからです。

その場合は、デンタルフロスをすることによって原因となった歯垢が除去されたため、今後デンタルフロスをする際は出血しない可能性があります。

ですが、使用をやめた場合は、そこにまた新たに歯垢が溜まってしまい、再び炎症を起こしてしまうからです。

また、デンタルフロスの使い方を誤ったことが出血の原因であるケースもあります。

無理やり歯間にデンタルフロスを挿入した場合などによく発生します。

出血した場合は、しばらく様子をみてデンタルフロスの使い方を見直しながら、やっていきましょう。